金曜日

Windows 7、期間限定で6,980円!?(そして瞬殺)

「Windows 7」の予約販売が始まりました。NTT-X Storeでは、アップグレード版が期間限定とはいえ、想像以上に安いお値段となっています。
Windows 7 Home Premium: 7,777円 →6,980円(税込、送料込)
Windows 7 Professional : 14,777円 →13,180円(税込、送料込)

「アップグレード版」と謳いつつ「何からアップグレードできるのか」が全く書かれていないのでドキドキしますが、ビックカメラ.comによるとアップグレード対象は以下製品となっています。
・Windows Vista すべてのエディション
・Windows XP すべてのエディション
(パッケージ/プレインストール問わず)
かなり大盤振る舞いと言えます。特に XP Homeや Vista Home Basicといった下っ端エディションが優待されるのはこれが最初で最後かもしれません。

ちなみにビックカメラ.comは送料無料・10%ポイント還元なので、NTT-X Storeのほうが数十円ですが安いです。7月5日(日)までの10日間限定、しかも数量限定なのでそれより早く売り切れてしまう可能性もありますので、お早めに!

追記:
7千円のHome Premiumは当日中に完売、1万4千円のProfessionalも翌日昼に完売とのこと。数量は3万本(内訳不明)、「今後、同様なキャンペーンを行う予定はないとしている」だそうです。
とりあえずアマゾンで1本ずつ押さえておいて良かった……。(上でオススメしたNTT-X Storeよりは僅かに高かったですが、アマゾンならキャンセルするかどうかを発送前日まで心おきなく悩めるので)

木曜日

メモリースティック マイクロ(M2)がDuoより安い

「PSP go」が発表されました。(SCEプレスリリース
「新型」ではなく「上位機種」的な位置づけのようで、これまでの機種(PSP-3000)は併売されるとのこと。
DS Liteが発表されたときは、「DSより値段が高くなりますが、DSも併売するのでご安心ください」とか言われながらあっという間にDS Liteしか買えなくなったよなぁ…と懐かしい気持ちになりましたが、SCEの平井CEOによると、“カタログに載っているけれど商品在庫はない、というのではなく、きちんと商品をお店に並べる、という意味での「併売」です”だそうで。

併売前提のためかアグレッシブな仕様変更も行われていて、(事前の噂どおり)UMDスロットがなくなって、代わりにフラッシュメモリ(PC用語だとSSD?)が搭載されました。16GBあるので、これだけでも結構やりくりできるかもしれません。PSPの場合、ダウンロード購入したゲームソフトはいつでも無料で再ダウンロードできますし、PCにバックアップしてPSPから削除することも可能ですし。

PSP goが対応する「メモリースティック マイクロ」(M2)って?

メモリースティック マイクロ(M2)
でも16GBじゃ心許ない! という人のために、PSP goには「メモリースティック マイクロ」(公式略称は「M2」)のスロットが用意されているそうです。これまでのPSPで使われている「メモリースティック デュオ」(MSDuo)よりさらに小さく、ちょうどminiSDとmicroSDのような関係。そう言えば最近miniSDってめっきり見なくなりましたね。MSDuoもいずれ同じ運命を辿るのでしょうか。

しかしこのM2、今のところ、海外では知りませんが日本ではまったく普及していません。メモステの本家ソニーがまだ1GBモデルまでしか販売しておらず、PSP goに合わせてやっと4GB/8GBモデルを発売するという始末。

メモリーカードの安売店、上海問屋(Yahoo!楽天)でもM2は扱いがありません。

M2のがDuoより安い!?

M2は日本での正規流通品が限られるとはいえ、輸入品を日本で買うことはできます。そもそもメモリーカードの類は、国内正規流通品があっても平行輸入品のが安いことがザラで、製品自体の品質にも違いはありません。保証は違ってきますが、故障して修理に出すような物じゃないので、初期不良のときに交換さえしてくれれば別段支障はありません。

というわけで値段を調べてみると、意外とDuoよりM2のほうが安いこともあるのでした。意外!

ただし、M2のが安いと言っても、注意点が2つほどあります。

●M2の性能(読み書き速度)は遅いかもしれない
表の右端の高速タイプDuoと比べればM2はかなり遅いでしょうが、ノーマルDuoと比べても差があるという話も。ただし個体差やロット差もあるので、実際のところは分かりません。

●M2→Duo変換アダプタがないと、当面M2の使い途がない
PSP goにはM2が直接挿さりますが、普通のPSPでM2を使おうとしたら、「M2→Duo変換アダプタ」が必要になります。4GB/8GBは変換アダプタ同梱でもまだDuoより安いのですが。

アダプタを単体で買おうとすると、アマゾンですと880円。一生使うことのなさそうな「M2→フルサイズMS変換アダプタ」との抱き合わせなのが残念です。

楽天だと謎メーカー品でよければ179円(送料200円)というのがあります。

安いと言ってもM2→Duoはメモリースティックどうしでの変換なので、microSD→MSDuo変換アダプタよりは博打感は薄いかもしれません。

なお、11月1日にPSP goと同時発売されるソニー製M2(国内正規流通品)の店頭予想価格は4GBで4千円、8GBが7千円前後。変換アダプタ付きとは言え、さすが正規流通品です。

そんなわけで、現状いちばんお買い得度が高いM2は、「M2(8GB)+変換アダプタ」3,379円(楽天/送料込み)でした。変換アダプタは安心のSanDisk製なのもポイントです。

LinkWithin


Related Posts with Thumbnails